うん、私が役立った鼻の下の毛を薄くする方法を紹介!!

私が役立った鼻の下の毛を薄くする方法を紹介します

私の悩みは鼻の下の毛が濃いことで、そのままにしておくと髭のように見えてしまいます。美容に興味を持ち始めるようになった小学校の高学年くらいからコンプレックスになっていて、オジサンとからかわれて悔しく、カミソリで剃ったこともありました。

 

ただその時に肌を切ってしまい、親に見つかり叱られて、自分自身でも怖くなってカミソリは使わなくなりました。その代わり面倒ですが毛抜きで1本ずつ抜くようにして、肌を傷つけることはなくなったのですが、今度はザラザラとするようになってきました。

 

困ってボディ用の脱毛クリームを塗ると、肌荒れを起こして皮膚科に通うことになってしまいました。

 

ただ皮膚科の先生から、フェイス脱毛用のクリームがあることを教えてもらい、そちらを買ってもらい使うことにしました。すると肌トラブルを起こすことがなく、鼻の下の毛が綺麗に脱毛されます。おまけに使い続けていると少しずつ薄くなってくるのが嬉しいです。

 

鼻の下の毛を薄くする方法として、フェイス脱毛専用クリームを使うのがおすすめです。偶然から知りましたが、今はコンプレックスが解消されました。ただ肌トラブルにならないために、正しい方法を見つけることも大切になります。

 

 

鼻の下の毛の自己処理は毛穴に注意

鼻の下の毛が濃いと女性は恥ずかしいですよね。牛乳を飲んだ時に、牛乳が鼻の下の毛について白い髭ができてしまった経験はありませんか。ではどうしたらよいのでしょうか。

 

ご自分で毎回シャーバーで自己処理するのも案外直ぐに生えてきてしまい大変です。しかも、自己処理をすることで毛の先端がカットされるので、次回生えてきたときに毛が濃くなったように見えるのも悪循環です。

 

何度も自己処理を続けると肌を傷つけたり、毛穴に雑菌が入って炎症してしまう事もあります。鼻の下にできものができてしまうと、鼻の下の毛以上に目だってしまって気分が落ち込んでしまう事でしょう。

 

そうなると、脱毛をしてあげた方が手間もかからず肌への負担も軽減される事でしょう。鼻下の毛は、産毛に近い細い毛質なので回数がかかるかもしれませんが、ゆっくりおこなっていけば効果は出ます。

 

そして、エステクリニックよりも医療クリニックの方が脱毛効果が望めますので、早く鼻下の毛とさよならできる事でしょう。お値段は少し高くなりますが、脱毛回数が少なく済むのでお勧めです。

 

産毛がないだけでもお顔がスッキリ見える、肌が白くもなったように見えますし、お化粧のノリも良くなる事間違いないです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

男のような鼻の下の毛が解消されました!

鼻の下の毛が濃く、女性でありながらまるで男性のようなヒゲが生えているように見られていました。

 

いつもはカミソリで処理をしていたのですが、うっかり処理を忘れてしまう事もあり、そんな時は彼氏から「ヒゲが生えているよ」と言われ、とても恥ずかしい思いをしました。

 

カミソリでの処理は限界を感じ、でも脱毛サロンに行くほどの必要性は感じておらず、自分でもどうして良いか迷っていたのですが、そんな時に女性用産毛対策クリームがある事を知りました。

 

毎日塗り続ける事でどんどん産毛を薄くしていく効果があるとの事で、カミソリを使うよりも肌を傷つけず、また根本的に解決出来るのが魅力に感じました。
早速取り寄せて使い始めたのですが、つけた後も特に肌がベタつく事も無かったので、化粧をする時も何の問題もありませんでした。

 

カミソリや毛抜きのようにすぐに産毛が無くなるという訳ではありませんでしたが、使えば使うほど鼻の下の毛が薄くなっていくのがわかります。

 

1ヶ月も使うと、自分で処理をしなくても産毛が目立つ事が無くなり、女性らしいツルツルとした肌を手に入れる事が出来ました。

 

彼氏からも「最近はヒゲが目立たなくなってきたね」と言われ、肌が綺麗になった事を私と同じように喜んでくれました。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛を抜く人への注意。

近年綺麗を意識する男性が増えています。その為鼻の下の毛を抜く人が多いです。最近では専用の道具も増えているので誰でも簡単に出来ます。処理をする理由の大半は髭剃りでは剃り残しがある事です。抜くことで剃るよりも綺麗に整うからです。肌が弱い人もやっている人が多いです。

 

この方法には注意しなければならない点が多々あります。若いうちはこれが理由で肌トラブルが起こる事は少ないです。

 

30代になると代謝等が低下し始め、そうなると様々なトラブルが起きてきます。一番多いのが埋もれ毛です。鼻の下の毛は他に比べ太く根強いので、それを強制的に抜くと途中で切れて肌が傷つきます。

 

そうして傷ついて肌は次の毛が生えてくる前に再生します。その際に毛穴を皮膚が覆ってしまい埋もれ毛が出来ます。埋もれ毛の処理は皮膚の下にある為ほじくり返す必要があります。鼻の下の皮膚は薄い為出血したり傷が残る可能性があります。

 

自分で行う場合にはこうしたリスクがあります。安全に処理するには専門の病院等に通うのが事が大切です。自ら行うのでは無く自然に抜ける事が大切です。最後には毛が生える事も無くなります。肌トラブルは予防が大切です。もし起きてしまったら早急に病院に行きましょう。

 

 

鼻の下の毛を処理するのはなぜ痛いのか

鼻の下の毛を毛抜きで処理するときは、かなり痛いと感じるはずです。皮膚が薄い部位ですし、乾燥によって敏感肌になりやすいのです。人間の肌というのは鈍感な部位もあれば敏感な部位もあります。例えば親指は鈍感ですが、人差し指は敏感でしょう。

 

敏感なところは痛みを感じやすいので、脱毛をするときも痛いと感じるのは普通のことです。

 

鼻の下の毛を毛抜きで抜くのが痛いという人は、シェービングや除毛クリームを使用してみるといいです。これらの方法は痛みを伴わないので、痛みに弱い人でも処理できます。ただし、肌に刺激や乾燥を与えやすい方法なので、頻繁に処理するのは好ましくありません。安全・確実に鼻の下の毛をツルツルにするためには、医療脱毛を利用するのが得策でしょう。

 

医療脱毛はムダ毛をツルツルにするだけでなく、肌を刺激から守ってくれるのです。その理由は自己処理を不要にして、肌乾燥を防げることにあります。自己処理をするとほぼ間違いなく肌が乾燥しますから、肌が乾燥しやすい人ほど医療脱毛をおすすめします。

 

医療脱毛のメリットは脱毛にゴールが見えることであり、鼻の下の毛だと9〜12回くらいの処理になるでしょう。脱毛回数は比較的多くなりますが、これは肌が敏感だからです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?